ハロウィン

ハロウィンとは


ハロウィンとは毎年10月31日に全世界的に行われるお祭りのこと。
国によって行事は異なるが、日本ではパーティーを開いたり、コスプレして町を歩いたりします。
中央アジアからヨーロッパに移住したケルト人が始めたとされています。

ハロウィンといえばカボチャの皮を目の形・口の形でくりぬいたものが思い浮かびますね。
これは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれ、魔除けの意味があります。

ケルト人の年末にあたる10月31日にやってくる悪い霊をジャック・オー・ランタンで追い払って農産物の秋の収穫が無事に終わったことを祝う、というのがハロウィンの本来の目的です。

日本でもハロウィンパーティーが定着してきて、部屋に飾り付けをして準備したりします。
飾り付けを始める時期は年々早くなってきており、最近では9月に入るとハロウィンの機運が徐々に高まってきます。



ハロウィンジャンボ宝くじ


日本ではハロウィンの人気にあやかろうと、「ハロウィンジャンボ宝くじ」が10月に発売されます。
1等と前後賞を合わせて5億円!
ハロウィンジャンボミニというのもあり、こちらは1等と前後賞を合わせて5,000万円です。

2018年はテレビなどで大々的に宣伝されていましたね。
発売は10/1~10/23(終了しました)、抽選は10/30(ハロウィンの日)です。

なお、2017年の「第728回全国自治宝くじ(ハロウィンジャンボ宝くじ)」「第729回全国自治宝くじ(ハロウィンジャンボミニ)」の当選番号は
https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/tsujyo/index.html で確認できます。
支払期間は2018/11/13までなのでお早めに。



ハロウィンの折り紙


ハロウィンパーティーを盛り上げるために、ハロウィンの気分になるように、折り紙をして飾り付けするのもよい方法です。
ジャック・オー・ランタン(かぼちゃのおはけ)も折り紙で作れますし、がいこつや魔女、こうもり、ドラキュラなども簡単に折ることができます。

ネット検索すると折り方を説明したサイトがたくさん見つかります。
動画で実際に折って見せているところもあるので、簡単に修得できますよ。

ハロウィンのイラスト


ハロウィンは登場キャラクターがとても多いので、イラストを描いても盛り上がります。
ジャック・オー・ランタン(かぼちゃのおはけ)の基本はかぼちゃに目・鼻・口を描くだけで出来上がりアクセントもつけやすいので、誰でも描ける人気のイラストです。

「ハロウィン イラスト」でネット検索してみましょう。
かわいいものが数多く見つかります。
但し公的な場所や商用で使用する場合は著作権の問題が関係してくるので、そのまま使うときはよく確認することが必要です。

スポンサーリンク


ハロウィンで手軽にコスプレするには


ハロウィンは気合を入れてコスプレをする人も多いですが、手軽なコスプレで楽しむことももちろん可能です。
ハロウィンカラーであるオレンジや紫の洋服を着てみたり、ワンポイントとしてマントや帽子、包帯、カチューシャを取り入れてみるだけでも十分ハロウィンらしさを出すことができますよ。
女性であれば少し凝ったメイクをしてみるのも楽しいでしょう。

ハロウィンパーティーで準備しておきたいもの


おうちでハロウィンパーティーを楽しむならちょっと飾りつけを工夫してみましょう。
家を飾り付けするのに便利な素材や壁紙をダウンロードできるサイトもありますし、100円均一にも色々な商品が販売されていますから、チェックしてみましょう!

お料理も簡単に作れるレシピが多くインターネット上で公開されていますから、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


ハロウィンで子供を楽しませるには


子供とハロウィンを楽しむのであれば、パーティーの前の準備も一緒に行いましょう!
まずテーマやテイスト、テーマカラーなどを子供に相談してみて、子供の提案通りに進めるだけで子供の心はワクワクと踊りだすでしょう。

簡単な仮装もとても喜びます。特に女の子は普段とは違う特別感のある衣装が大好きですから、用意してあげましょう。
流行りのものを取り入れたり、顔にペインティングをしたりすると、気分はいちだんと高揚します。

後は周りの大人にも協力してもらって、おやつをもらい歩くようなイベントができれば大満足間違いなしです。