あべのハルカス

あべのハルカスにあるレストラン


高さ300mのあべのハルカスにはたくさんのさまざまな種類のレストランがあります。
展望台で眺めた後や買い物を楽しんだ後に、レストランにも立ち寄って満喫しましょう。

代表的なお店をご紹介します。
詳細は https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/restaurant/list?s_area3=1 で確認してください。

和食
・大阪 竹葉亭
江戸焼鰻、四季折々の日本料理(あべのハルカスダイニング14F、【昼】2,400円~【夜】3,000円~)

洋食
・美食加哩 グルメカリー ピッコロ
カレー店ですがオムライス、お子様ランチ等もあります(あべのハルカスダイニング12F、【昼】870円~【夜】900円~)

中華・エスニック
・桃谷樓 (とうこくろう)
化学調味料未使用の中華料理です。薬膳料理などもあります(あべのハルカスダイニング 13F、【昼】1,180円~【夜】2,100円~)

レストランバー
・BEER&GRILL SUPER”DRY”あべの
氷点下のスーパードライ「エクストラコールド」や、全10種類の生ビールと相性の良いグリル料理(あべのハルカスダイニング 12F、【昼】 980円~【夜】 2,000円~)

ビュッフェ
・モクモク直営農場レストラン お日さまのえがお
保存料を使わない自然食料理です。自家製ウインナーやハムや野菜をふんだんに使ったメニューが常時40~50種類ほど並んでいます(あべのハルカスダイニング 13F、【昼】 1,965円~【夜】 2,592円~)

カフェ
・カフェ 英國屋
言わずと知れた英國屋があべのハルカスにもあります。コーヒー、紅茶、シフォンケーキ、ワッフルなど(あべのハルカスダイニング 13F、【昼・夜共】540円~)



あべのハルカス美術館


あべのハルカスの16Fにあるあべのハルカス美術館は誰もが気軽に芸術や文化を体験し、楽しめるようにと設計された都市型の美術館です。
超高層ビルという近未来的な環境にありながら、古今東西の文化に手軽に触れられるということで人気があります。

11/4までは「太陽の塔」展が開かれています。
入館料は一般1,200円(1,000円)、大学・高校生800円(600円)、中学・小学生500円(300円)です(括弧内は団体料金)。
オンラインチケットもあります。

11/16~2019/1/14はミラクルエッシャーの生誕120年を記念した展覧会が開催されます。
代表的なだまし絵作品や初期の作品など、日本初公開となる選りすぐりの絵画が約150点展示されます。
料金は一般:1,300円、学生:800円、中小生:300円、それ以下の幼児は無料です。

あべのハルカス美術館のホームページは https://www.aham.jp/
開館日か休館日か、開館時間、今後のスケジュールなどがわかりやすく掲載されています。

なお、大阪周遊パスのカード乗車券を提示すると、1人からでも団体割引であべのハルカス美術館に入館できます。



あべのハルカスの展望台「ハルカス300」


あべのハルカスは大阪市阿倍野区に立地する高さ300mの超高層ビルです。
日本一の高さのビルであるあべのハルカスには、「ハルカス300」という展望台があり、58~60階の三層構造となっています。

天候の良い日は、京都から六甲山系、明石海峡大橋から淡路島、生駒山系、さらには関西国際空港など、広大な絶景を一望することができます。

【ハルカス300】では「驚きと癒しの空間」をコンセプトとしています。

・フロア360度全てがガラス張りの屋内回路で、まるで空中を散歩しているような感覚を味わえる「驚きの空間」

・食事やお酒が楽しめるカフェダイニングバーが併設された、くつろぎながら景色を眺めることができる「癒しの空間」

この二つ、どちらも楽しめるのが、人気を集めている理由です。

スポンサーリンク


あべのハルカスの展望台「ハルカス300」の料金


ハルカス300には当日券(大人:1,500円、中高生1,200円、小学生700円、幼児500円/障がい者料金の場合半額)と1日何度でも入場できる1dayチケット(大人:1,950円、中高生:1,650円、小学生:950円、幼児:750円)、ペアプラン(大人2名分:11,000)の3種類があります。

ペアプランの場合、ハルカス300の入場券2名分と記念撮影、58階にあるカフェダイニングバーでのディナーコース料理を楽しむことができます。

あべのハルカスのイベント


あべのハルカスでは1週間単位でさまざまなイベントや催し物が開催されています。
お得に買い物できるイベントや、アートな催し物もあるのでチェックして立ち寄ってみましょう。

10月24日~30日のイベントは次の通りです。
ウイング館9階催会場
・オールワコールビッグバザール
・パン&スイーツフェスタ

ウイング館4階第2催会場
・秋のリサイクルファッションフェア
・お歳暮ギフトセンター(12/25まで)

タワー館11階美術画廊
・~三彩・白磁・青瓷~加藤清和・庄村久喜・津金日人夢 展

タワー館11階アートギャラリー
・平野はるひ 絵画展

ウイング8階近鉄アート館
・ワールドウオッチフェア

最新情報は https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/event/1/eventcalendar.html で随時更新されています。

スポンサーリンク


あべのハルカスへのアクセス


あべのハルカスは大阪・天王寺の真ん中にあり、アクセスにはとても便利です。
電車では大阪メトロやJRの天王寺駅、近鉄の大阪阿部野橋駅、阪堺電軌の天王寺駅前駅のいずれからも下車してすぐのところにあります。

車で行くときは阪神高速の天王寺出口か文の里出口が便利。
近くに駐車場「タイムズ近鉄パーキングビル」や「タイムズ近鉄南」があり、夜遅くまで営業しているので時間を気にせず楽しめます。
料金は合計3,000円(税込)以上の買い物で2時間無料、20,000円(税込)以上の買い物で3時間無料 (但し土日祝日・特定日以外)、それ以降は1時間までは30分ごとに300円、1時間を超えると60分ごとに600円になります。

自転車の駐輪施設や、大阪上本町駅と結ぶ循環バスも運行されています。

あべのハルカスにある「大阪マリオット都ホテル」


大阪市阿倍野区に立地する超高層ビル「あべのハルカス」内には、【大阪マリオネット都ホテル】というホテル施設が併設されています。

横浜ロイヤルパークホテルに次いで日本で2番目に位置する高さの大阪マリオット都ホテル。
19階ロビーや38階~55階の客室から大阪の絶景を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

全ての客室が全面窓を配しているため、どの部屋に宿泊しても絶景を楽しむことができます。
「クラブフロア」や「スイートルーム」、「プライベートルーム」も用意されているため、ワンランク上の滞在も可能です。

19階と57階にはレストラン&バーが併設。
大阪の景色を一望しながらのお食事は格別です。