キッザニア甲子園

キッザニア甲子園の料金


キッザニア甲子園の料金は2017年4月に改定があり、少し料金が上がっています。
3歳以上の幼児に関しては平日1部が3,450円、第2部が2,850円です。
小学生料金は平日第1部は3,850円、第2部は3,150円で中学生料金は平日第1部が3,950円、第2部が3,250円となっています。
土日祝日は平日料金に比べて少し高めの料金設定となっており、キッザニアが定める長期休暇(ホリデーシーズン)はさらに料金が上がります。

大人の料金は子供料金に比べると安くなっており、1人あたり1,850円です。60歳以上のシニアは850円なのでおじいちゃん、おばあちゃんが一緒でも楽しめますね。
障害のある子供でも楽しめるように、通常の料金の半額で入場できるようになっています。



キッザニア甲子園の人気のあるパビリオン


キッザニア甲子園で特に人気のあるパビリオンはオリジナルハイチュウが作れるお菓子工場、キッザニア甲子園限定で、お寿司を手作りできるすし職人、オリジナルの乳製品の企画・開発ができるミルクハウス、ピザの手作り体験ができ、持ち帰りが可能なピザショップ、クロワッサン作りができるベーカリーでこれらのパビリオンは入場後すぐに受付終了となってしまうこともあります。

入場したらすぐに予約に向かうのをおすすめします。

その次に人気なのがオリジナルの冷凍食品をつくれる食品開発センター、肉を腸詰めにし、ウインナーがつくれるソーセージ工房、自分でソフトクリームを作ってトッピングができるソフトクリームショップ、オリジナルフレームの眼鏡をつくれるメガネショップ、プリザーブドフラワーを使ったアレンジができる花屋、自分で書いた文字をそのままはんこにしてくれるはんこ屋、オリジナルペンの手作り体験ができる筆記具屋、メイクやネイルのテクニックを学べるビューティーサロンとなっており常に1時間以上の待ち時間が発生しています。

時間の途中で受付が終了してしまうことも多いので、体験したい場合は早めに向かうといいでしょう。



キッザニア甲子園の並び方の攻略法


キッザニア甲子園の第1部では9時~15時の間に平均して6~7個のパビリオン体験ができます。
特に人気のないお仕事をするのであれば攻略法も必要ないですが、人気のあるお菓子工場やおすし屋さんといったお仕事をしたい場合は早くから整理券をとっておく必要があります。

1部は7時15分から受付を行っており、代表者だけの受付も可能ですので朝いちばんでお父さんに受け付け→列に並んでもらうようにしておくのがおすすめ!
お母さんは子供と一緒に8時10分の入場までに合流すればOKです。

お菓子工場やお寿司屋さんなどは7時半には整理券をもらえるようにしましょう。
ピザショップやウインナー工房は8時頃にもらえればOK。

できるだけ早めに整理券をとっておかなければこれら人気のパビリオンには参加できません。
子供のために、お父さん・お母さんで頑張りましょう。

スポンサーリンク


キッザニア甲子園の予約状況を知るには


キッザニア甲子園は公式サイトから予約をすることが可能です。
http://www.kidzania.jp/koshien/
WEB予約をする際に表示されるカレンダーに予約状況がすべて記載されています。

予約できる場合は「〇」、残り少しの場合は「△」、Web上の予約ができない場合は「×」、イベントまたは休館日の場合は「-」で記されています。
入場前日の23:55までWeb予約が可能で、平日であれば前日予約ができる日もありそうです。

スポンサーリンク


キッザニア甲子園の駐車場


キッザニア甲子園はららぽーと甲子園の駐車場が利用できるため車でのアクセスもしやすいです。
A、B、E、F、Gの駐車場が利用可能ですが入庫時間によって利用できる駐車場が異なる点に注意が必要です。

駐車料金は最初の2時間無料サービスと合わせて合計7時間無料となっていますが、同日に1部と2部どちらも利用した場合は終日無料となります。
入場受付時に駐車券を提示しないと割引サービスを受けられないので必ず提示しましょう。

キッザニア甲子園のマップの入手方法


キッザニア甲子園のマップは公式サイトより入手することが可能です。
PDFファイルで印刷ができますから、キッザニア甲子園に行く前に印刷して子供たちにも持たせておくといいでしょう。

子供たちとマップを見ながら事前にどのお仕事をしたいか相談すると、当日スムーズに動けますしワクワクもアップしますからおすすめですよ。