奈良

奈良の紅葉の名所


3000本のカエデが美しく、関西の日光とも言われている談山神社は多武峰の山中に唯一現存している木造の十三重の塔が特徴の神社です。
毎年11月中旬から12月上旬ころが見頃となっており、11月中旬から下旬にかけて夜間ライトアップも行われています。

その他には奈良といえば一番に思い浮かべる奈良公園もおすすめ。
桜やイチョウの紅葉と常緑樹の美しいコントラストを楽しめます。
桜とイチョウは10月下旬以降、紅葉は11月中旬~12月初旬頃が見事となっています。



奈良の天気・お天気カメラ


奈良では多くのお天気カメラが設置されており、それぞれインターネットで現在の状況を生配信でチェックすることができます。
国土交通省のものからお天気情報を届けるウェザーニュースまで様々な施設のライブ映像を見ることができます。
(現在、奈良公園をうつしているお天気カメラは存在しないようです)

お天気カメラの他に奈良の天気を知るには、Yahoo!天気のページかウェザーニューズのページが便利です。
Yahoo!では奈良県は北部と南部に分かれています。
東大寺や奈良公園、法隆寺、薬師寺などほとんどの観光地や仏閣は北部にあります。

南部には大台ヶ原という一年を通して雨が多い地域が含まれているので、「南部は降ってるけど北部は晴れている」ということもよくあります。
注意しておきましょう。

また、AccuWeatherのページでは2週間先以降の天気予報まで公表されています。



奈良を訪れるときの服装の注意点


奈良は鹿と触れ合える奈良公園はもちろん、神社や仏閣を巡る人も多いと思います。
非常にアグレッシブに動く観光になりがちなので必ず足元はスニーカーなど動きやすい靴で行くのがおすすめです。
カバンも両手が空くようにリュックやショルダーを選択するといいですね。

鹿と触れ合う場合などは洋服を汚されることもありますから、あまり高価な服は着ずに汚れても構わないような服装で行くのがおすすめですよ。

春や秋は日中の寒暖の差が激しい日もあるので、暖かいと思っても一枚羽織るものをかばんに入れておくと重宝します。

奈良公園でのイベント


奈良公園では毎年様々なイベントが開催されています。
5月には奈良オクトーバーフェストというドイツのビール祭り、8月には燈花会が開催され、2万本のろうそくの灯りが複数箇所の会場を照らす姿を楽しめます。
9月には奈良の食材とシェフの祭典とされる奈良フードフェスティバル「シェフェスタ」など。

公式サイトにて様々なイベント情報をチェックできますので、奈良公園のイベント情報を知りたい人はチェックしてみてください。

スポンサーリンク


奈良公園の鹿


奈良公園の鹿は公園内に鎮座する春日大社の神の使いとされており、昔から手厚く保護されています。
奈良公園にいる鹿たちはすべて野生動物としておよそ1,200頭が生息しています。

毎年夏と冬には鹿寄せが行われ、ホルンでベートーベンの「田園」とう曲を吹くと林に潜んでいた鹿たちが一斉に集まります。
その派手な演出で外国人観光客にも人気のイベントとなっています。

奈良公園内で「鹿せんべい」が売られているので鹿に手で食べさせてあげることで触れ合うことができます。
絶好のシャッターチャンスになります。
但し、あげる素振りを見せて焦らしてあげなかったりすると凶暴な鹿なら攻撃してくることがあるので、注意してください。
最近そのような観光客が増えてきて困っているのが実情です。

奈良公園へのアクセス


奈良公園はJR奈良駅と近鉄奈良駅が最寄り駅となっています。
JR奈良駅の場合は徒歩約20分、近鉄奈良駅の場合は徒歩約5分ほどで到着します。
各駅からバスも運行されています。

車でのアクセスも可能ですが、観光地なだけあって非常に渋滞が多いです。
特に16時~18時の間は非常に渋滞しやすいので、この時間帯に車で奈良公園に向かうのは避けるのがおすすめです。

スポンサーリンク


奈良公園の駐車場


奈良公園は専用の駐車場が用意されていません。奈良公園周辺の駐車場でおすすめをご紹介します。

・ならまち駐車場
ならまちにある市営駐車場です。
24時間営業となっており、平日であれば1日最大600円で利用が可能。
土日祝日は1日最大2,000円になってしまうので注意が必要です。

・春日大社 駐車場
奈良公園内にある春日大社の正面にある駐車場です。
1日あたり1,000円で利用が可能で、7時半から17時まで営業しています。

奈良の観光スポットと観光モデルコース


奈良には多くの観光スポットがありますが、今回は奈良の紅葉を楽しめるモデルコースを紹介します。

・JR近鉄桜井駅からバスに乗って約25分「談山神社」へ
奈良屈指の紅葉の名所で、世界唯一の木造十三重の塔など歴史的建造物と一緒に紅葉を楽しむことができます。

・バスで約15分の「聖林寺」へ
安産のお地蔵様を奉っているお寺で、安産や子授けにご利益があるといわれています。

・徒歩で約6分の「西内酒造」へ
談山神社のお神酒も手掛ける酒蔵で、甘口かつフルーティな香りの貴醸酒を楽しむことができます。

・徒歩で約20分の「ベーカリーレストラン茶々」へ
地元で30年以上愛されるベーカリーが経営するレストランでランチはいかがですか?
ミニパンとスープバイキングが付く日替わりランチがおすすめです。

・徒歩で約10分の「安部文殊院」へ
国宝であり、非常に美しく日本最大の知恵の仏様をもつお寺です。
秋にはコスモスが美しく咲き乱れます。

・徒歩で約10分の「天平庵 三輪本店」へ
万葉集から名づけられたお菓子とお抹茶でのんびり休憩しましょう。

・徒歩で約16分のJR近鉄桜井駅へ

これなら急げば半日でまわることもできますし、ゆったり時間をかけて日帰りにしてもいいです。

奈良の観光マップの入手方法


奈良は修学旅行先に指定されることが多いことからわかるように、観光に適したスポットが非常に多いです。
効率的に奈良らしいスポットを多く回れるように、事前に観光マップをダウンロードして荷物に入れておくのをおすすめします・

毎年、春夏秋冬で発行されるなら観光パンフレット「ならり」や、奈良のウォーキングコースを掲載した「ゆきめぐり」など様々なパンフレットやマップが奈良の観光協会から無料でダウンロード・印刷が可能です。

奈良交通バス


奈良県内をアクティブに動く移動の足といえば奈良交通バスです。
鉄道の主要駅を発着する路線バスが充実していますし、関西空港と結ぶリムジンバスや観光名所をめぐる定期観光バスも運行しています。

路線図(運行系統図)はこちら(https://navi.narakotsu.co.jp/printing_map/)に掲載されていますが、営業所別になっていて、特に県外の人にとってはあまり見やすいものではありません。

時刻表はこちら(https://navi.narakotsu.co.jp/timetable/)で検索できます。
地図で選択、近くの停留所、名前で検索、50音で検索、履歴から選択の5つの方法で停留所を選んで、日付を指定すると時刻表が表示されます。
平日用と土曜日・日祝日用に分かれています。

運賃もこちら(https://navi.narakotsu.co.jp/search/)で同様に、乗車と降車の停留所を選んで検索することができます。

奈良県立美術館


見た目は寺院の建築を模した2階建てとなっています。
江戸時代の風俗を表す絵画や調度品、奈良出身の人物の近代陶芸など奈良を舞台として活躍した美術館の作品が提示されています。

営業時間は9時から17時までとなっており、毎週月曜日が休館日です。

奈良県総合医療センター


奈良県奈良市にある病院で「いい医療をより多くの患者さんへ」を基本理念としています。
救命救急センターと看護専門学校も付属しており、平成30年5月1日には大規模な移転オープンを行われました。

高度医療拠点病院として、救急医療、周産期医療、がん医療といった高度な医療を提供しています。

奈良健康ランド


露天風呂や高濃度炭酸泉、岩盤浴などの天然風呂施設だけでなく屋内レジャープール(期間限定)やカラオケ、屋内テーマパークなど大人から子供まで楽しめる温泉施設です。

キッズルームや子供の一時預かりも実施しているので子供だけでなく、大人ものんびり楽しめるのが特徴です。
仮眠室もあるため、たっぷり遊んだ後に家族みんなでのんびり休んで、施設内のレストランで食事なんてこともできますよ。

入館料金以外にレジャープールや奈良わんぱくランドなどを利用する場合は別料金が発生します。

奈良教育大学


奈良県奈良市高畑町にある国立大学で1949年に設立され、奈教(なきょう)や奈良教(ならきょう)、奈良教大(ならきょうだい)と呼ばれています。

小人数教育による教育・研究の充実、奈良世界遺産を生かした教育・研究の充実、体験型キャリア教育による教育・研究を主な柱としており持続可能な開発のための教育への取り組みが大きな特色となっており、日本の大学唯一のユネスコスクール加盟承認を受けています。
キャンパス内に付属学校や幼稚園があるのも特徴のひとつです。