キャナルシティ

キャナルシティ博多


1996年4月20日に福岡市博多区の約4万3,500平米の敷地に再開発プロフェクトとして開業された副業商業施設です。ショッピングモールや映画館、劇場、アミューズメント施設、ホテル、ショールームやオフィスなど様々な業態の店舗が入っています。

建物の中央には180mの運河が流れており時間ごとにダイナミックな噴水のショーが行われ、水辺のステージではパフォーマーによるイベントや音楽ライブも開催されます。都市の劇場をコンセプトとしている店内は明るい街中はその場にいるだけで心が躍ります。

キャナルシティ劇場もあり、演劇はもちろんミュージカル、コンサートから落語にいたるまで、さまざまなエンターテインメントを楽しむことができます。
(全1,144席。1階734席、2階410席
 座席表は http://www.canalcitygekijo.com/rentalinfo/pdf/seatingchart.pdf)

噴水ショーなどのイベントや、もうすぐクリスマスにちなんだイベントも開かれます。

巨大駐車場も完備されているので、アクセスも良好です。



キャナルシティの映画館、上映スケジュール、上映時間


キャナルシティ博多内にはユナイテッド・シネマ キャナルシティ13が併設されています。
映画を見ながら本格的な食事を楽しめるという新しいスタイルの映画館で、ハンバーグやパスタ、パニーニにデザートやお酒を楽しむことができます。

席は気軽に楽しめるカジュアルシートと、リクライニングでくつろげるラグジュアリーシートが用意されておりカジュアルシートの場合はチケット代+食事代1,000円、ラグジュアリーシートの場合はチケット代+食事代2,000円で利用が可能です。

上映スケジュールはホームページで随時更新されています。http://www.unitedcinemas.jp/canalcity/daily.php
上映時間や空席状況もわかりますし、チケットの購入もできます。
作品にもよりますが朝一番に上映時間は早いもので9時台前半になります。



キャナルシティの映画料金


ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13の入場料金は

大人 ¥1,800
大学生 ¥1,500
高校生 ¥1,500
中学生 ¥1,000
小学生 ¥1,000
幼児 (3歳~6歳) ¥1,000
シニア(60歳以上)¥1,100

となっています。
3Dや4DXの上映作品には追加料金がかかってきます。
飲食券付きのチケットもあります。

レイトショーや会員デー、レディースデー、映画の日、障害者割引などの割引制度も充実しています。

スポンサーリンク


映画館の予約はできる?


上映前の作品であれば「ムビチケ」という電子前売券をインターネットで購入することができます。
ほとんどの作品で座席指定も可能です。

ただ、決済方法はクレジットカードや、ドコモのd払い、auかんたん決済などになり、銀行振込や現金払いはできません。
購入後のキャンセルや払い戻しもできないので注意しましょう。

上映中の作品についてはホームページからでも窓口であっても購入するのみで、予約というシステムはありません。
購入するとキャンセルできないのは、ムビチケと同様です。

スポンサーリンク


キャナルシティのラーメンスタジアム


キャナルシティ内には日本を代表するラーメン店舗がひしめき合うラーメンスタジアムがあります。メディアで取り上げられる有名店舗から地元で高い支持を得るお店など現在は87店舗が営業中。

年に数回、数店舗が卒業していくシステムなので、気になる店舗があればできるだけ早く来店するのがおすすめです。
営業は年中無休で11時~23時(オーダーストップは22時半)までとなっています。

お昼はラーメンスタジアムでランチや食事するのもよしですが、キャナルシティには多くの飲食店が入っているので、好みの料理を探してみるのもいいですよ。