Suica

Suicaを購入できる場所は?西日本でも利用可能?


Suicaを購入できる場所は3か所!


関東で普及しているSuicaカードは電車、バス、コンビニでのお買い物でも利用が可能なICカードです。
現在購入できるのはコンビニ、駅の改札や緑の窓口の3か所となっています。
それぞれの場所での購入方法についてご紹介します。

・コンビニ
Suicaカードを購入できるコンビニはKIOSK、NEW DAYSのみとなっています。駅の構内などによくあるコンビニですね。
デポジット500円+初回チャージ1,500円が入っている2,000円で購入が可能です。
無記名のSuicaカードとなるため、なくしてしまった場合でも再発行ができませんので注意してください。

・みどりの窓口
大きな駅には必ずあるみどりの窓口。こちらでもSuicaカードの購入が可能です。
窓口で直接Suicaを購入したい旨を伝えればすぐに対応してくれます。
無記名式、記名式どちらでも購入が可能で、記名式の場合は用紙に必要事項を記入する必要があります。

・券売機
改札近くにある多機能券売機でもSuicaを購入することが可能です。
Suicaを購入というボタンがありますので、そちらから記名式か無記名式かを選択し、必要事項を入力するだけでOKです。

なお、Suica定期券を購入する場合は使用駅を指定し、1か月分~の料金を先払いする形となります。



西日本でも購入可能?メリットとは


関西ではSuicaと同じような機能のあるカードとしてICOCAが普及していますが、2013年から交通系ICカードの全国相互利用が開始されたため、関西圏でもSuicaを利用することが可能です。
関西の駅に設置されている券売機や乗り越し精算機でもチャージが可能ですので、問題なく使用ができます。

また、Suicaは全国で普及している交通系ICカードの中で唯一モバイル化に対応しています。
そのため、モバイルSuicaを利用している場合はわざわざチャージする必要がなく、ビューカードとの提携で通常の3倍ものポイントが関西での利用でも入ります。
利便性、お得感などの観点からみても関西でもSuicaを利用するメリットは十分にあるといえるでしょう。



自宅でもコンビニでもチャージ、利用ができる!


インターネットサービスとは?


インターネットを通してパソコンからSuicaカードの管理や利用をすることができる会員サービスです。
インターネットサービスを利用するためには事前にMy JR-EAST(http://www.jreast.co.jp/myjreast/)に登録しておく必要があります。

インターネットサービスに登録していれば、自宅で残高や履歴の確認、使用履歴の印字も可能なので仕事でSuicaを利用した際の証明も可能です。

★インターネットサービスの登録手続き方法
(1)My JR-EASTにログインした後、メニューからID提携の設定を選択し、サービス利用登録をするをクリックします。
(2)指示通りに登録を行い、利用規約に同意すれば登録は完了です。

(3)続いてSuicaの登録を行います。自宅でSuicaを利用する場合、FeliCaポート/パソリが必要です。
※FeliCaポート/パソリはICカードの読み込みが可能なリーダーライターです。電気屋さんやコンビニなどで購入が可能です。

(4)Suicaをパソリで読み込みましょう。
(5)チャージをする際に引き落としをかけるクレジットカードを登録します。クレジットカードもSuicaと同じくパソリで読み込みましょう。

(6)登録内容を確認後、クレジットカードのセキュリティコードを入力して登録ボタンをクリック→指示通りに進めれば登録が完了します。

スポンサーリンク


コンビニでのチャージ、利用も可能


Suicaのチャージは全国展開しているほとんどのコンビニですることができます。
レジにチャージ用の端末が置かれているので、レジにて店員さんにSuicaにチャージしたい旨を伝えましょう。

専用端末にSuicaを置く→チャージ金額の選択→支払い
以上の3ステップでチャージは完了します。

また、コンビニ以外でもイオンなど大型ショッピングセンターやビッグカメラ、コジマ電器などでもSuicaのチャージが可能です。

お得なポイントサービスを利用しよう


ポイントクラブとは?


Suicaにはお得なポイントサービスがありますが、このポイントをためるたmにはポイントクラブに登録する必要があります。
会員登録はSuica購入時に登録した名前や生年月日、SuicaICが必要になりますがとても簡単なのでぜひ登録しましょう。
ポイントクラブに登録しないとせっかくのポイントサービスが利用できませんから、注意してくださいね。

また、2017年からSuicaポイントからJREポイントに共通化されました。
そのためSuicaのポイントクラブから会員移行する必要があります。移行にはSuicaポイントクラブのユーザーIDとパスワードが必要となります。
JREポイントは有効期限が無期限で、1ポイント単位でSuicaにチャージできるのが魅力です。
ポイント加盟店は約5万店舗もありますので、上手にポイントサービスを利用していきましょう。

スポンサーリンク